ISO22000への取り組み

食品安全マネジメントシステム適合性の認証の概要

ISO22000「食品安全マネジメントシステム-フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項」(略称:FSMS規格)は適合性認証に使える要求規格として2005年9月にISOから発行された。
食品の安全確保のための手法としては、米国NASAのアポロ計画における宇宙食の微生物学的安全性のために開発したHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point-危害分析及び重要管理点)という手法がよく知られている。

HACCPはその後、国際食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が消費者を健康被害から守り公正な食品取引を推進するために食品の安全や品質に関する規格(コーデックス規格)を作成するためのコーデックス委員会で議論され、1993年に企業がHACCPを導入するための指針を作成し、公表された。

ISO22000は2001年にデンマークからISO規格化の提案が提案されたもので、ISO/TC34が担当して、ISO9001の対象とする「品質」の内で食品安全に特化して、HACCPを取り込んだ食品の安全のためのマネジメントシステムを国際的な合意として要求規格化をおこなった。ISO22000はISO9001との両立性を重視して規定されていて、HACCPは食品安全を対象品質としたときのISO9001の7.5.2の詳細化を行っているものと理解することができる。

なお、ISO22000はまだ翻訳JISが発行されていない。日本では食品の安全・衛生は農林水産省、厚生労働省、内閣府食品安全委員会が関係するために、経済産業省の下の日本工業規格(JIS規格)にはなりにくく、一方、製品規格を前提としている日本農林規格(JAS規格)にも規格体系上なりにくいためと言われている。従って、この規格の日本語版は(財)日本規格協会から発行されている英和対訳版を参照する必要がある。

適合性審査にあたっては、適用対象製品・サービスの特定と誤解を呼ばない認証範囲の表記、対象製品・サービスのプロセスを基本とする食品ハザード分析とそれから設定されるオペレーショナルPRP及びHACCPの運用、監視とそれらの効果と、これらを実行させていくマネジメントの能力及びシステムの適切性、完全性を、ISO22000に基づいて確認し、評価する。

関連規格
ISO/TS 22002-1:2009  食品安全のための前提条件プログラム 第1部食品製造
ISO 22003:2007  審査登録機関がFSMS審査をするための要求事項。
ISO 22004:2005  ISO 22000の導入についてのガイドライン。
ISO 22005:2007  飼料及びフードチェーンにおけるトレーサビリティシステムの設計及び実施のための一般原則及び基本要求事項。

さらに詳しくは次をクリックしてください。
ISO22000の概要
HACCPの概要
受審の手引き

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.