ISO45001労働安全衛生マネジメントシステム(現在、認定機関へ認定申請中)

ISO9001 品質マネジメントシステム

ISO45001は、安全で健康な職場環境を提供し、労働災害や病気を予防することを目的に制定された労働安全衛生マネジメントの国際規格です。労働安全衛生マネジメントシステムの目的は、労働安全衛生リスク及び労働安全衛生機会を管理するための枠組みを提供することです。この規格に従って、効果的な予防方策及び保護方策をとることによって危険源を除去し、労働安全衛生リスクを最小化することは、組織にとって重要で有益でもあります。

※現在認定申請中*ですので、認定されている訳ではありません。JCQAは現在プライベート認証を行っており、JCQAマークのみをご利用頂いております。JCQAが認定を受けた後に、JCQAの更新または維持審査を受審された認証組織様には認定シンボルマークも名刺及びホームページ等に掲載頂けるようになります。これによりグローバルな認証組織としての信頼が高まります。
なお、JCQAでは、当面、産業分野12(化学薬品、化学製品及び繊維)及び14(ゴム製品、プラスチック製品)に限定し認定を受ける予定としております。

*新型コロナの影響で、国際ルールにより現地での立会審査が延期となり、認定は2022年以降になります。

JCQA審査の特徴

  1. 1.労働安全衛生管理、化学物質、保安防災の知識を発揮した審査を行います。
  2. 2.受審組織のビジネスモデルを理解し、OHSMSの取り組みを審査します。
  3. 3.外部の目で見た改善点を提案します。
  4. 4.現場確認を重視した審査をします。

認証取得の効果

社内的なメリット

  • 労働災害、事故、病気のリスクを低減し、機会を明確にできる
  • 危険源を特定し未然防止の対策をとることができる
  • 従業員の安全に対する意識向上が図れる
  • 従業員が安全で健康的に働けることが明確になる

社外的なメリット

  • 対外的な説明責任を果たし、利害関係者への信頼が向上する
  • 企業イメージの向上が図れる

審査の目的

  • a) 受審組織のマネジメントシステム又はその一部の審査基準への適合の確認
  • b) 受審組織が該当する法令、規制及び契約上の要求事項を満たすことを確実にするためのマネジメントシステムの能力の確認
  • c) 受審組織が、自身で決めた目的を達成することが期待できることを実証するマネジメントシステムの有効性の確認
  • d) マネジメントシステムの成熟度に応じて、潜在的な改善の領域の特定
認証取得の流れ
  1. 審査見積り依頼
  2. 審査登録委託契約締結
  3. 第一段階審査
  4. 第二段階審査
  5. フォローアップ審査
  6. 判定
  7. 登録及び認証書の交付
  8. 維持審査
  9. 登録の更新