マネジメント方針・資格認定

JCQAマネジメント方針

JCQA品質方針

日本化学キューエイ株式会社は、マネジメントシステム認証機関である。認証を依頼する組織を直接の顧客とし、顧客の製品及びサービスを使用するユーザー、消費者及びその他の利害関係者を間接的な顧客と捉え、顧客のニーズに応える価値を提供する。この目的達成のために、以下のとおり方針を定める。

(1) あらゆる利害抵触を排除し、透明性、一貫性及び客観性を確保し、公平かつ厳格なマネジメントのもとに業務を遂行する。

(2) 法的、規制上の要求事項を順守し、経済活動を行う。

(3) 社会的信頼を確保した認証文書(認証書等)を提供する。

(4) 受審組織の事業に関わるマネジメントの改善に寄与する。

(5) すべての要員に対して必要な力量を把握し向上させ、機関能力の改善に努める。

(6) 顧客のニーズ、社会的要請に対応した認証活動を実施する。

(7) 情報の漏洩を防ぐため、情報セキュリティの運用を順守する。

以上を実行するに辺り、 年度ごとに事業方針と目標を定め、パフォーマンスの向上を図る。

2020年6月10日
代表取締役社長 高橋 猛

審査員の資格認定

審査員の採用と能力資格について

JCQAでは、審査員を社員と準社員(契約社員等)としています。これは、審査に責任を持つためには日頃のコミュニケーションと研修が不可欠だと考えているからです。審査員の確保には次のような努力を払っています。

  1. JCQAは、マネジメントシステム審査員はIRCA( 国際審査員登録機構 )への登録を原則としています。また、JRCA(日本要員認証協会) に登録されている審査員資格者も採用可能としています。ただし、要員認証機関に登録している主任審査員資格者であるからといって無条件に採用することはしません。採用時に力量の確認を行います。これは、審査員の資格認定の主体的責任は審査登録機関にあること(当該関連ISO/IEC ガイドに記述されている)及びJCQA の描く審査員の力量は JCQA にしか判定できないとの考えに基づいています。
  2. JCQAは、品質、環境などをはじめとする様々なマネジメントシステムに関して JCQA として責任を持てると考えられる人物を審査員として採用しています。面接等を通じ、種々の管理技法の知識があり、それを実際に適用した経験のみならず、これらの業務を効果的に運営させるマネジメントの仕組みを構築した経験があることなどを確認します。受審組織様の審査において、表面的な審査しかできないリスクを軽減するためです。ここで求められるマネジメントの仕組みとは、そこにいる人、その組織の歴史、その組織と関連する組織との力関係など、多くの影響因子を元に、有効なマネジメントを機能させているかということだとJCQAは考えています。
  3. 審査員として採用した後は、まず第三者認証登録ということを改めて勉強し認識を深めてもらいます。これは、企業の中にいる間はどうしても、その企業の利益を中心に考え、第三者のために認証審査を行うという考え方が不足する可能性があること及び誤った解決策を提供するコンサルテーションの可能性があり、これを回避するためです。その後は、審査の実技指導に移りますが、最初は文書審査の実習と現地審査の観察から始めます。次に、厳選された主任審査員の監視のもとでの審査に移り、最終的には審査チームリーダーを経験し、力量が満たされたことを確認して、審査員として単独での審査が認められます。
  4. 審査を開始した後も、検証審査員による立ち会い審査等が行われ、審査の力量を継続的に評価していきます。審査員になった後も研修は続きます。毎月開催する月例研修会では、テーマを掲げ審査技法を含めた情報の交換が行われます。更に、年 2 回集合研修会を開催しており、ここではケーススタディや外部講師による講演などを行い、より深い研修を行います。また、昨年からは研修会にリモート等を活用した運用も始めています。以上のように、当社は審査員資格認定、教育を行っておりバイタリティのある人物との出会いを大切にしています。