ホーム > お知らせ  |  お知らせ(登録企業様向け) > 2017.02.14 移行審査に関する最新のFAQ更新

2017.02.14 移行審査に関する最新のFAQ更新

2015年版(最新版)の『移行ステップ』の詳細を掲載します。
添付資料:組織用事前チェックシート、事前文書レビュー申込書、よくある質問(FAQ)

フェーズ STEP 実施項目
規格を理解し、準備事項を知る STEP1

移行前
7~12ヶ月
改正規格を理解する。

⓪ JCQA主催の規格説明会などで規格を理解します。
変わったところ、追加されたところを掌握します。
※規格改正特設サイトのセミナー日程を確認下さい。
システムのブラッシュアップ
マニュアル等の改訂
STEP2

移行前
6~12ヶ月
QMS/EMSをブラッシュアップします。
①現行のマニュアルに改正規格の“箇条4~6”を追加するための準備をします。書換える場合は、新旧規格の対応を考慮して実施する。

②マニュアル作成を開始する前に、QMS情報確認書/契約事項・環境情報確認書を作成し、情報を整理する。

③QMS情報確認書/契約事項・環境情報確認書の内容と矛盾を生じないようマニュアルを作成する。
※よくある質問(FAQ)も確認して下さい。

規格特設サイトで、QMS情報確認書/契約事項・環境情報確認書をダウンロードできます。

④オプションでJCQA事前文書レビュー(有料)が利用頂けます。
(規格との整合確認) 詳しくは、弊社審査統括部へお問合せ下さい。
MSの運用 STEP3

移行前
4~6ヶ月
⑤現行規格(9001:2008/14001:2004)を運用しつつ、改正規格で追加された箇条4~6の対応(課題決定、リスク及び機会のMS計画への取込み、パフォーマンス評価)をする。先取り運用は可能。

⑥新しいマニュアルに基づきQMS/EMSを運用する。
⑦社員に教育、周知する。
⑧内部監査員を再教育する(教育する)。
⑨QMS/EMS を運用し、必要な記録があるか確認する。
⑩新たな規格要求事項に対応した内部監査、マネジメントレビュー(MR)を実施する。 臨時で新たな規格対応部分のみを実施することも可能。

※よくある質問(FAQ)も確認して下さい。
移行審査連絡 STEP4
8週間前
⑪JCQA担当審査員から連絡があり、品質/環境マニュアル等の書類を提出し、文書レビューを受ける。
 
 

 
 
 

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.