適合性審査対象の明確化

規格を用いるときは、どの範囲の仕事まで規格を適用しようとするのかを明確にする必要があります。第三者適合性審査を受けようとする場合は、特に明確にする必要があります。ISO9001の適用関係でこの範囲を決める要素としては、お客様に提供しようとする認証の範囲をどこまでとするかということになります。ISO9001規格はマネジメントシステム規格ですから、個別製品を具体的に列挙する必要はありませんが、お客様から見て第三者審査を受けた範囲が何かを明確に分かるように製品群をあげる必要があります。このとき、同じマネジメントシステムで、すなわち同じ組織と同じ手順書で実現される製品種類が頻繁に変わってゆく場合は、将来的な変更を考慮して製品群を明記することを考慮するとよいでしょう。
また、原則として製品を実現してお客に提供するためのプロセスの内の一部のプロセスのマネジメントシステムを審査対象システムから除外することは認められないことに注意が必要です。

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.