ISO22000規格の概要

ISO22000規格の概要

<規格の対象業種>

規格では、農場、漁獲から食卓に届くまで、食品加工機器や包装容器の製造業、輸送、貯蔵、小売業を含む、フードチェーンにある幅広い事業者が規格の対象であるとしている。

<規格の範囲>

「食品安全ハザード」を「健康に悪影響をもたらす可能性のある、食品中の生物的、化学的、物理的物質、又は、食品の状態」と定義し、この食品安全ハザードを管理して、食品を人が摂取する時点での安全を確保する能力を実証してみせるための要求事項を規定している。

<主要な手法>

まず、原材料、作業環境からの食品安全ハザードの混入、汚染、及び食品安全ハザードのレベルを管理するため、衛生的な環境の維持を要求している(PRP)。これは、「一般衛生管理プログラム」、「GMP」などと呼ばれるものである。
次に、該当する食品にどんな食品ハザードが存在するか、ハザード分析を行う。ハザード分析の結果特定されたハザードについて、CCP(重要管理点)として特別の工程上の管理を適用しなければ食品の安全を確保できないものと、それ以外の、PRPの一部ではあるがハザードの管理とし有効と判断できるもの(OPRPと呼ぶ)とに分けて、それぞれに管理を実行することが要求されている。

<マネジメントシステムの概要>

必要なマネジメントシステムの要素はISO9001の要求と共通していることが多いが、「食品安全チーム」の設立が要求されていることが特徴の一つである。この食品安全チームの力量設定が食品安全の信頼性に大きな影響をもつ。また、食品安全に疑いがある場合の回収も明示して要求されている。なお、ISO9001にある予防処置の要求は独立してはされていない。これは、ハザード分析をして決めた計画を現場で勝手に修正されることのないようにと言う配慮からであろう。

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.