ISO14001:2004改定のねらい

改訂の狙いは、「第1版(旧版)の内容の明確化とISO9001との両立性の向上」の二つあります。以下に具体的にのべます。

1.要求事項の明確化

(1)法的及びその他の要求事項の順守に関する管理の強化
1) 4.3.2法的及びその他の要求事項で「参照する手順」だけではなく、「それらが組織の環境側面にどのように適用されるかを決定する手順」が追加されました。これは、法規の具体的な規制内容を確実に認識させようというものです。
2) 4.5.1監視及び測定で規定されていた法順守の定期的評価が、4.5.2 順守評価として独立した項目となり、評価の記録を残すことを明確にし、合わせて法的及びその他の要求事項への対応の重要性が強調されました。

(2)適用範囲内の全ての環境側面を考慮
4.1 一般要求事項において環境マネジメントシステムの範囲を定めることが明確になり、「組織がどのようにして規格の要求事項を満たすかを決定する」ことが求められています。
また、従来、環境マネジメントシステムの対象として「活動、製品又はサービス」と表現されていましたが、2004年版の要求事項の中では「又は(or)」が全て「及び(and)」に変わり、「活動、製品及びサービス」と変更されました。
従って、組織は環境マネジメントシステムの適用範囲を決定して、決定した範囲内の「活動、製品及びサービス」の全ての環境側面を考慮する必要があることが明確になりました。また、適用範囲に除外部分がある場合はそれについて説明することが付属書で推奨されています。

(3)間接的な環境側面への対応の徹底
4.3.1環境側面で、従来、問題があった「組織が管理でき、かつ、影響が生じると思われる」の表現が「組織が管理できる環境側面及び影響を及ぼすことができる側面」に変更され、直接に管理できなくても影響を及ぼすことができる環境側面もマネジメントシステムの対象とすべきことが明確化されました。付属書A.3.1に具体的な考慮事項例が列挙されています。

2.ISO9001との両立性の向上

「文書」、「記録」、「手順」、「不適合」、「予防処置」、「是正処置」、「監査員」の定義がISO 9000から採用されることとなり、また、「文書類」、「文書管理」、「不適合並びに是正処置及び予防処置」、「記録の管理」、「内部監査」、「マネジメントレビュー」の各項の記述で、ISO 9001との両立性の向上が図られています。
以上、出典:環境システム小委員会(SC1)ISO14001/ISO14004翻訳・解釈WG

3.その他

4.3.3 目的及び目標と4.3.4 環境マネジメントプログラムの項が統合されて、4.3.3 目的、目標及び実施計画となりました。

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.