ISO14001の概要

ISO14001要求事項のあらすじ

ISO 14001とは、企業活動、製品及びサービスの環境負荷の低減といった環境パフォーマンスの改善を継続的に実施するマネジメントシステム(環境マネジメントシステム-EMS: Environmental Management System)を構築するための要求規格です。
具体的には、まず組織の最高経営層が環境方針を立て、その実現のために計画(Plan)し、それを実施及び運用(Do)し、その結果を点検及び是正(Check)し、もし不都合があったならそれを見直し(Act)、再度計画を立てるというシステム(PDCAサイクル)を構築し、このシステムを継続的に実施することで、環境負荷の低減や事故の未然防止が行われます。ただし、ISO14001自体は、特定の環境パフォーマンス基準には言及していません。自分の事業運営で、直接、間接にどんな側面で環境に負荷をかけているかを分析し、管理可能な著しい側面は何かを特定し、それに取り組みますという体系的なマネジメントの活動を規定しています。

環境マネジメントシステムの第三者適合性審査

この規格は、組織が規格に適合した環境マネジメントシステムを構築していることを自己適合を宣言するため、又は第三者認証(審査登録)取得のために用いられます。組織がこの規格に基づきシステムを構築し、認証を取得することは、組織自らが環境配慮へ自主的・積極的に取り組んでいることを示す有効な手段となります。審査では、取り上げられるべき顕著な環境側面が取り上げられているか、それに対して、環境負荷が押さえ込まれているか、そのような活動を行わせ監督するための適切なマネジメントが体系的に行われているかを評価することになります。

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.