ISO14001の制定と改定

ISO14001制定の背景

地球環境問題に対する国際的な解決策を議論するために、1992年6月“地球サミット”(国連環境開発会議UNCED)が開催されました。この地球サミットを産業界として成功させるために、世界のビジネスリーダー50名からなる「持続的発展のための産業界会議」(BCSD)が創設されました。BCSDが“持続的発展”の諸局面について分析を行っていく過程において、環境マネジメントの国際規格化の考え方が出てきました。このため、BCSDはISOに対して環境に関しての国際標準化に取り組むよう依頼しました。
これを受け、ISOは環境に関する標準化の課題について検討するため、IEC(国際電気標準会議)と共同でアドホックグループ「環境に関する戦略諮問グループ」(ISO/IEC/SAGE)を1991年9月に設立し検討をしました。この結果、ISO理事会は、アドホックグループからの報告を受け、1993年2月、環境マネジメント専門委員会(TC207)の新設を決定しました。

ISO14001の発行

TC207には、6つの分科会(SC)が置かれました。
このうちSC1が環境マネジメントシステムの標準化を担当しました。そして1996年に発行された規格が、ISO14001とISO14004です。
マネジメントシステム規格ということで、ISO9000シリーズとの両立性を考慮した規格作りを行いましたが、 ISO9000シリーズとは異なって、ISO14000は制定されませんでした。また、環境マネジメントの活動は、ISO9001~9003のようなマルチレベル構造は取らないので、ISO14002や14003も制定されませんでした。そして、製品の品質とは異なって、利害関係者との関係活動と内部利益目標の活動の区分けは不必要であると言うことで、ISO9001(及び9002、9003)とISO9004の相補的な関係と異なり、ISO14004はISO14001を適用するための指針という位置づけとしました。なお、ISO14001には付属書Aに利用の手引きが記述されているので、指針は二重になっています。

2004年の改定

2004年に行われた初めての改定でもこの構造は維持されています。2004年版は、5年ごとに規格の見直しをするというISOの規定に従って検討の結果発行されたものですが、始めから大きな改定を行わない、ISO9001の2000年改定との両立性を確認するという合意のもとに行われたものですから、内容的には大きな変更は行われていません。

2009年の継続確認と2015年の改正

規格発行後5年を経過しない時機に規格を改正するか、廃止するか、改正するか、そのまま継続するかについて見直しをしなければならないというISOのルールに従って、2009年にISO14001:2004の見直しをしましたが、この時は継続するのが妥当と確認されました。
「ISO9001の成立と改正」のページに書いていますように、各種マネジメントシステムの整合化のための共通化指針が附属書SLとして2011年にまとまったことを受けて、附属書SLのマネジメントシステムの基礎を適用して、理解関係者の期待する結果を生み出すことができる規格へ向けて改正作業を開始すべく改正のためのNWIPが提出されました。これが2011年11月に承認されたことを受けて、TC207のSC1で改正作業が開始されました。
3回のWD作成、2回のCD公開を経て、2014年7月からDISが公開されることになりました。DISが公開されると、2ヶ月の翻訳期間をおいて、9月より3ヶ月のコメントとFDIS並行するかどうかの賛否投票を受け付けました。投票の結果、FDISに移行することが合意されました。この結果、TC207のSC1は寄せられた多数のコメントを評価の上FDISを作成し、2015年7月2日から2ヶ月の間賛否投票に付しました。投票の結果、FDISは承認されることとなり、9月15日付けでISO14001:2015が発行されました。

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.