組織構造のいろいろ

組織構造は大別すると機能別組織、事業部制組織、マトリックス組織に分類されます。

機能別組織

機能別(ファンクショナル)組織はトップマネジメントの意思がミドルを経てボトムの作業者に伝達される、直線的に貫かれた縦の命令系統で統率される組織形態で、軍隊式組織とも呼ばれています。この組織は、上司と部下という垂直方向での業務分化と、機能別専門化という水平方向での業務分化を基本的なパラメーターとして基本設計されます。それと共に、一人の上司が管理する部下の数、いわゆる管理の幅を考慮して詳細設計がなされます。
機能別組織の簡単なモデル例を次図に示します。

機能別組織は、指揮・命令系統が一元的で単純、メンバーの責任・権限が明快、機能別に専門化のための訓練と結果の活用が計画的に可能、コストが低い、という長所を持っていますが、命令の形をとった下方への情報伝達に比べて、権限が上位に集中する、あるいは上方への情報伝達が効果的に行えない、という短所を持っています。

事業部制組織

これに対して、事業部制組織は企業の活動を製品別、地域別、顧客別に関連組織を束ねた、独立性・自立性の高いいくつかの事業部を構成単位とした組織です。次図に、単純化した事業部制組織のモデルを示します。

特定の事業領域の範囲内では、各事業部は独立企業のように活動でき、一方、社長及び本社スタッフは本社機能として事業部のレベルを超えた全社的な諸問題に専念できる体制になっています。GMの採用した車種別に組織した事業部制は先駆的なものとして有名です。
事業部制の長所は、事業分野毎に機動的な活動ができると共に、トップマネジメントが事業分野にはとらわれない全社展開戦略をできるところです。しかし、タテ割りの組織の弊害として事業部毎の独立性が高いために事業部間の相乗効果が出にくいことが短所になります。事業部毎の部分最適をいかにして全体最適に結びつけるかが事業部制組織の課題だと言われています。

マトリックス組織

マトリックス組織というのは、次図にモデル的に示すように、部門編成を機能と事業の二つの軸を同時に使って行う組織です。マトリックス組織では、構成メンバーから見れば各自の上に二人、あるいは二人以上の上司が存在しているので、役割分担を明確にしておかないと指揮系統が錯綜することになります。

マトリックス組織には種々の変形があります。まず、オーソドックスなのは事業部別組織から派生し、人事、財務・経理などの専門性の必要な機能を本社直轄の機能別部門に集約して、事業部の活動に横串を刺すような組織です。また、大規模なシステムやプロジェクトを請け負うエンジニアリング企業のような受注産業に見られる組織で、プロジェクト毎を短期の一つの事業部門のように扱い、それを永続的な機能別組織、あるいは事業部組織と重ね合わせて、マトリックスとする組織があります。さらに、国際化した企業における国別、あるいは国内においても地域別の組織活動が必要になった場合は、国別・地域別組織と職能別組織、あるいは、事業部組織と重ねたマトリックスが生まれます。二次元マトリックスだけでなく三次元マトリックスも生まれます。

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.