日本化学キューエイ株式会社 > ISO45001:2018移行相談

ISO45001:2018移行相談

ISO45001:2018への『移行ステップ』の詳細を掲載します。

フェーズ STEP 実施項目
規格を理解し、準備事項を知る STEP1

移行前
7~12ヶ月
改正規格を理解する。

① JCQA主催の規格説明会などで規格を理解します。
変わったところ、追加されたところを掌握します。
※セミナー日程を確認ください。
システムのブラッシュアップ
マニュアル等の改訂
STEP2

移行前
6~12ヶ月
OH&Sをブラッシュアップします。
②現行のマニュアルにISO45001新規格の“箇条4~6”を追加するための準備をします。書換える場合は、ISO45001との差を考慮して実施します。

③マニュアル作成を開始する前に、外部及び内部の課題、利害関係者のニーズ及び期待、リスク及び機会を理解し、情報を整理します。

④外部及び内部の課題、利害関係者のニーズ及び期待、リスク及び機会に対応できるようマニュアルを作成します。

⑤オプションでJCQA事前文書レビュー(有料)が利用頂けます。
(規格との整合確認) 詳しくは、弊社労働安全衛生審査部へお問合せ下さい。
MSの運用 STEP3

移行前
4~6ヶ月
⑥現行規格(OHSAS18001:2007)を運用しつつ、ISO45001新規格で追加された箇条4~6の対応(課題決定、リスク及び機会のMS計画への取込み等)をする。先取り運用は可能。

⑦新しいマニュアルに基づきOH&Sを運用する。
⑧社員に教育、周知する。
⑨内部監査員を再教育する(教育する)。
⑩OH&Sを運用し、必要な記録があるか確認する。
⑪新たな規格要求事項に対応した内部監査、マネジメントレビューを実施する。 臨時で新たな規格対応部分のみを実施することも可能。
移行審査連絡 STEP4
8週間前
⑫JCQA担当審査員から連絡があり、労働安全衛生マニュアル等の書類を提出し、担当審査員の文書レビューを受ける。
 

 
 
 

Copyright(c) 2018 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.