統合審査のメリット

組織内のマネジメントシステムの運用面

  1. 文書化された情報の管理を揃えられますので、マネジメントシステムごとに作成していた文書体系がすっきりし、重複が避けられます。
  2. 内部監査やマネジメントレビューを統合して行うことが出来ますので、各マネジメントシステムの目標と達成状況を同様の目線で評価でき、効果的、効率的に行うことができます。
  3. マネジメントシステムごとに受審し、複数回に分散していた審査が1回の機会で済むようになるので、総合的に見た場合、受審のための準備作業及び現地での審査の軽減が期待できます。

 

審査経費の削減

  • 統合審査の工数は、IAFのMD11により個別マネジメントシステム審査合計よりも減らすこと(最大2割)が可能なので、審査に係わる経費負担を軽減することができます。

 
 

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.