品質方針

JCQAでは業務別に品質方針を定めていますが、それらを総括すると次の方針になります。

第三者マネジメントシステム規格適合性審査のためのマネジメントシステム方針

(1)日本化学キューエイ株式会社は、依頼者のマネジメントシステムの審査登録業務を通じて依頼者と市場、社会との信用関係の構築と維持のお手伝いをすると共に、あらゆる依頼者の品質マネジメントシステム(以下QMSという)、環境マネジメントシステム(以下EMSという)、労働安全衛生マネジメントシステム(以下OHSMSという)、情報セキュリティマネジメントシステム(以下ISMSという)、食品安全マネジメントシステム(以下FSMSという)及びエネルギーマネジメントシステム(以下EnMS)の効果的な維持及び計画的改善に寄与する。

(2)マネジメントシステムの審査登録業務を、JIS Q 17021(ISO/IEC17021)*,ISO/TS22003及びJIS Q 27006(ISO/IEC27006)に規定される国際規格或いは適用される国際基準に基づいて、公平性と透明性をもって遂行させる。

(3)マネジメントシステムの認証業務を確実に実施するように、マネジメントシステムマニュアルを発行して手順を明確に定めさせる。また、審査員及び業務担当要員の力量の維持と能力の向上に努める。

(4)被認証組織に使用権限を与えたマークについて、適切に管理することを求め、マークの使用に誤解が生じないように努める。

(5)各種委員会及び審査員他個人を含む組織運営機構のあらゆるレベルにおいて、認証活動において得られた又は生成された情報の機密を保護することに努める。
  本マニュアルに明確にされた各担当者は、各々に割り当てられた業務を実行する責任と権限を有する。

日本化学キューエイ株式会社
代表取締役社長 玉田 忠規

Copyright(c) 2017 JAPAN CHEMICAL QUALITY ASSURANCE LTD. All rights reserved.